現状復帰の意味|リフォームするときは現状回復のことまで考えておこう

リフォームするときは現状回復のことまで考えておこう

ウーマン

現状復帰の意味

室内

現状復帰とは現状回復とも言われる賃貸物件契約終了時の借りた人が行なうべき義務のことを言います。アパートやマンション、店舗などの不動産物件を借りる時には、ほとんどの場合この現状復帰の項目が記されています。現状復帰は賃貸物件を明け渡す時に、借りた時と同じ状態に戻して返すということです。そのため生活をしている中で、内装や設備に何らかの故障や破損がある場合、改善費用を請求されることがあるのです。賃貸物件を明け渡す時には、しっかりと現状復帰について把握しておくと良いでしょう。

賃貸の修理や補修を行なう現状復帰をする場合には、いくつかの条件があります。場合によっては、現状復帰をしなくても良いような内装の汚れやダメージもあるので確認しておきましょう。人が日常的な生活をしていると、どうしても発生してしまう汚れやダメージというのが存在します。例えば、家電製品を設置していた箇所に出来てしまった汚れやシミ、室内の壁の日焼け、家具の重みが原因で凹んでしまった畳などです。これらのような、生活をする上で避けることの出来ないようなダメージの場合は、現状復帰の義務は発生しないものとなっています。現状復帰の支払い義務が発生する条件としては、故意や過失による汚れやダメージになります。また一般常識的に考えて、度を超した使い方をした結果で室内にダメージが発生した場合も現状復帰の支払い義務が発生するので注意しておきましょう。貸主とトラブルを起こさないためにもしっかりと、現状復帰や現状回復について知っておきましょう。